瓜生野八幡神社のクスノキ群

神社の境内にはクスノキが群生しており、うっそうとして静寂在社相を呈している。単木のクスノキの巨樹は全国に存在しているが、16本が群生している巨樹群は貴重である。
このクスノキは幹周約9.6m×1本、幹周約7.5m×3本、幹周約3mから5.5m×10本の計16本ある。中で最も大きいものは本殿の右後方にある、幹周約9.6m、根周約16m、樹高約32mに達しており、樹齢が800年と推定されているものもある。
昭和26年(1951年)6月9日に国指定天然記念物となる。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider