照葉樹林

標高1109mの大森岳南東稜に広がる原生的照葉樹林。総面積は、2000ヘクタールでわが国の照葉樹林の中で最大の面積を誇っている。植生の多様性だけでなく景観に優れている。綾南川の大森岳南東稜に連続する樹林を対岸から立体的な眺めは、人々に感動と安らぎを与えてくれる。

照葉大吊橋
照葉樹林一帯が九州中央山地国定公園に指定された後の昭和59年3月に架橋された、長さ250.0m、高さ142.0mの歩行者専用の吊り橋。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider