坂元棚田

坂元棚田は、日南市の最高峰小松山(標高988.8m)の南西斜面標高250mに位置し、小松山を水源に清らかな水が谷川から棚田へと流れている。
棚田の元地は、集落共有の屋根を葺く茅を刈る原野で茅場であったが、昭和の初めに国の補助事業を導入して昭和3年5月に坂元耕地整理組合を設立して同年9月から本格的に工事が始められ、昭和8年8月に約109枚、約5.7haの棚田が完成した。
農林水産省は、平成11年7月26日、文化的遺産や国土保全、動植物生態系の維持など、果たしている役割りを評価して、「日本の棚田百選」に認定された。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider