今山大師

今山大師堂は、天保10年(西暦1839年)、延岡城下の信徒の発願により、御本尊として、高野山金剛峯寺から、弘法大師のご尊像を勧請して、家内安全、無病息災、五穀豊穣、商工発展の祈願のために建てられた。
山上の弘法大師銅像は、その大きさは日本一と称され、高さ17メートル(台座を含む)重さ11トンあり、昭和32年4月18日に開眼された。
山上にはこのほか、延岡近郷各町村の守護仏として、四国88ヶ所霊場の御分身が山内一円にまつられている。
毎年4月第3日曜日を中心に行われる春の大祭は、近郷はもちろん、四国、九州各地からの参詣者10数万人で賑わい「お大師さん」の呼び名で親しまれている。〒882-0055宮崎県延岡市山下町2丁目3998

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider